落雷による注意点

 

毎年、落雷による事故のニュースを耳にします。

特に、お天気が急変してしまったとき、ゴルフ場は周りに逃げ込む建物もなく、落雷の危険性が高くなります。

近年になって、温暖化などの影響で、ゲリラ豪雨やスコールなどの突発的な天候の急変に伴って雷の発生頻度が増加傾向にあるようです。

ここでは、落雷による注意点をご案内していきます。

 

落雷による死亡事故で1番多いのは「開けた平地での雷の直撃」、次いで「木の下の雨宿りでの落雷」です。 この2つが落雷死亡事故の約半数を占めるそうです。

 

雷は高いところ・高く突き出たものに落ちやすく

建物の屋上、山の頂上、また周囲に高いものがないグラウンドや平地では、

自分が一番高い状態になってしまうので、

そのような平地が広がる公園、ゴルフ場、屋外プール、砂浜、堤防などは特に注意が必要です。

 

建物の軒先での雨宿りも危険です。

建物に落雷した場合、雷は外壁を伝ってくるので、落雷による被害をうけてしまう危険性があります。

木の陰での雨宿りも、間接的に落雷してしまう危険性があり、要注意です。

 

【ゴロゴロ怪しいお天気になってきたら】

・とにかく建物の中へ避難しましょう。

・建物の軒下や木の下での雨宿りは避けましょう。

・建物がない場合、車の中へ避難しましょう。

・避難した後も、壁際・水道管のそば、車内の金属部分は触らないようにしましょう。

 

 

 

【そうはいっても、間に合わない!ゴルフの真っただ中に雷が!!】

 

そんな緊急時の対策はこちらです。

まず、木の下の雨宿りは絶対に危険です。 

ゴルフクラブは速やかに手元から遠ざけるか、しまいましょう。

ゴルフ続行はもってのほか。すみやかに安全な場所へ避難しましょう。

ゴルフクラブが手元にあると、雷を呼び寄せているようなものなのでNG。

 

保護地帯と呼ばれるゾーンがあります。

木からはなるべく離れて、約45度あたりの付近に頭を低くした状態で避難します。

 

 

雷しゃがみポーズをします。

 

雷しゃがみポーズは、アメリカの落雷が多い地区では雷から非難するために推奨されている姿勢だそうです。

 

耳をふさぎ、なるべく低い姿勢になります。

ひざは地面につけず、つま先立ちで、両かかとはつけるようにします。

 

両足のかかとを合わせる(つける)のは、万が一、雷の電流が足から侵入しても上半身まで流れないように、 足から足へ電流を地面へ流すためです。

つま先だちするのは、地面との接点をなるべく最小限にして、電気の侵入を最小にするためだそうです。

できるだけ、低姿勢といっても腹ばいになるのは、接地面積が大きくなるのでNG。

数人がいる場合は、最低でも30センチは離れた方が良いそうです。

 

正しい知識を事前に知っておくことで、いざというときに自分だけでなく、周囲の人の安全も守ることができますよね。

 

ぜひ、知恵袋として頭の片隅にでもにでもいれていただき、ゴルフを楽しんでください!

お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

 

☆ドライバー探しはこちらからどうぞ♪

1位
とにかく飛距離が出る!究極の飛びを実現した高反発ゴルフドライバー【HAYABUSA】
とにかく飛距離が出る!究極の飛びを実現した高反発ゴルフドライバー【HAYABUSA】
2位
激安ゴルフクラブUSAから直送【フェアウェイゴルフ】
激安ゴルフクラブUSAから直送【フェアウェイゴルフ】
3位
☆激安☆有名ブランドの各種ゴルフ商品販売【ゴルフプレスト】
ゴルフクラブ選びサポート通販サイト【アトミックゴルフ】

☆リンク集

 

 

 

ページトップへ